教職員とそのご家族専用の「自転車保険」があります

2020年5月28日

2015年10月に兵庫県で最初に制定されて以降、全国の多くの自治体が自転車利用に関する条例を制定し、自転車保険への加入を義務または努力義務としています。
ご自身もしくはご家族が、通勤・通学で該当地区で自転車に乗る方へ、「自転車保険」として必要な補償をわかりやすく解説します。

 

 

自転車保険への加入が「義務」「努力義務」とされている自治体

 

     「義務」とされている自治体

【都道府県】山形県、埼玉県、東京都、神奈川県、長野県、静岡県、滋賀県、京都府、奈良県、大阪府、兵庫県、愛媛県、鹿児島県
【市区町村】仙台市、笠間市、金沢市、名古屋市、長久手市、豊橋市

   「努力義務」とされている自治体

【都道府県】北海道、茨城県、群馬県、千葉県、富山県、和歌山県、鳥取県、香川県、徳島県、高知県、福岡県、熊本県
【市区町村】栃木市、大田原市、知多市、大府市、豊川市、東海市、豊山町

   2020年10月以降「義務」となる自治体

【都道府県】山梨県(10月予定)、福岡県(10月予定)
【市区町村】春日井市(10月予定)、豊田市(10月予定)

 

自転車保険はどう選ぶ?ポイントは「事故が起きたとき」の2つのリスク

 リスク1  相手に損害を負わせたとき

自転車事故で相手に損害を与え、高額賠償となる事例があとを絶ちません。
たとえば、こんな事例があります。

【高額賠償事例1】自転車同士の衝突で、相手に重大な障害を負わせた
男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員と衝突。男性会社員に重大な障害が残った。
賠償額:9,266万円(東京地裁/2008年6月5日判決)
【高額賠償事例2】小学生が自転車で歩行者にぶつかり重大事故
坂道を自転車で下っていた小学5年生の男子児童が、歩行中の60代の女性に衝突、はね飛ばされた被害者は頭を打って意識不明の重体となった。
賠償額:9,520万円(神戸地裁/2013年7月4日判決)

自転車保険の加入義務とされているのは、この賠償事故に対する補償のことをいいます。
そんなもしもの賠償事故に備えるのが「個人賠償責任補償」です。

 リスク2  自分がケガを負ったとき

リスクは高額賠償だけではありません。
あなたがケガをした場合も考えておく必要があります。

交通事故は年々減少傾向にあります。
しかし、交通事故全体における自転車事故の割合は20%前後で横ばい状態となっており、平成30年における自転車乗車中の負傷者は83,930死亡者は453となっています。
負傷者のうち重傷者は7,789で、交通事故全体における重傷者の22.5%を占めています。※

そんなもしものケガに備えるのが「傷害補償」です。

※警察庁交通局「平成30年中の交通事故の発生状況」より

 

 POINT 1 
個人賠償 最高1億円!

相手にケガを負わせたり、相手の財物を壊したりして、
法律上の損害賠償責任を負った場合に、最高1億円まで補償します!

 

 

 

 

 POINT 2 
ほとんどのケガを補償!

ケガといっても事故だけではありません。料理中のやけどやスポーツ中のケガなど、日常で起こるほとんどのケガを補償します!

 

 

 

 

POINT 3 
補償プランが選べる!

契約タイプ【型】は2種類。あなたにぴったりなプランを選べます!

おひとりごとでコースが選べる(コースは3種類)!
※個人型の個人賠償は、ご契約者本人とご家族全員が補償の対象となります。

□充実コース(10口)
□安心コース(5口)
□基本コース(3口)

 

 

ご家族をまるごと補償(1口か2口を選べます)!
※家族型は個人賠償以外も、ご家族全員が補償の対象となります。

 

たとえば、個人型/安心コース(5口)でご加入いただくと…

→ご加入者さまの声

※アイリスプラン「日常事故補償コース」を契約されている場合、レスキュースリーのお申込みはできません。(同じ制度です)
※損保保険料には、団体割引30%、優良割引35%、団体契約による割引10%を適用しています。ただし個人賠償責任補償分は団体契約による割引は適用されません。
※ご契約にあたっては必ずパンフレットおよび重要事項等説明書(契約概要・注意喚起情報)をご覧いただき、制度内容をご確認ください。

教職員の皆さまをさまざまな場面でサポート!

総合共済は、教職員に必要な12の充実保障がセットされた商品です。
なかでも「教職員賠償」は、業務中の賠償事故を最高3,000万円まで補償!

家庭訪問中の自転車事故による賠償など、業務中の賠償事故に関しては個人賠償では補償されないので、この機会にご検討をおすすめします。

「教職員賠償」は、いじめなどのトラブルにより、教職員個人の責任が問われた場合も補償します。
また、「個人賠償」もついているので、レスキュースリーの「個人賠償」とあわせると補償額がアップしてさらに安心です!

→教職員賠償を詳しくみる

 

レスキュースリーと総合共済で「プライベート」も「業務中」も安心!

→総合共済を詳しくみる

※ご契約にあたっては必ずパンフレットおよび重要事項等説明書(契約概要・注意喚起情報)をご覧いただき、制度内容をご確認ください。