HOME共済商品一覧 > 火災共済・自然災害共済
火災共済・自然災害共済
特長火災共済の補償について自然災害共済の補償についてご契約例

自然災害共済 —————補償の種類と共済金額

自然災害共済は火災共済とセットでご契約いただける共済です。自然災害共済のみ単独でご契約いただくことはできません。
大型タイプ 標準タイプ があります。

地震等共済金

地震等共済金

以下の事由による損害に対してお支払いします。
地震もしくは噴火またはこれらによる津波

お支払い条件

共済期間中に発生した地震等を直接または間接の原因とする焼失、損壊、埋没または流失により共済の目的である建物または共済の目的である家財を収容する建物に損害が生じ、その損害の額が100万円を超える場合。

区分 損害割合 1口あたりの共済金額 支払限度額
大型タイプ 標準タイプ 大型タイプ 標準タイプ
全壊・全焼 70%以上 30,000円 20,000円 1,800万円 1,200万円
大規模半壊・
大規模半焼
50%~70%未満 18,000円 12,000円 1,080万円 720万円
半壊・半焼 20%~50%未満 15,000円 10,000円 900万円 600万円
一部壊・一部焼 損害額100万円超 3,000円 2,000円 180万円 120万円
72時間以内に生じた複数の地震等は一括して1回の事故とみなします。
建物または共済の目的である家財を収容する建物が地震等による損壊にあった後、修理を行わないうちに別の地震等による損壊にあった場合は、これらを一括して損害の認定を行います。
建物の損害額が100万円を超えない場合であっても、共済の目的である家財に100万円を超える損害があった場合には一部壊・一部焼として共済金をお支払いします。
物置・納屋・車庫などの付属建物、門・塀・垣などの付属工作物の損害は含まれません。

地震等特別共済金 大型タイプ 標準タイプ

建物の損害額が20万円を超え100万円以下の場合は、地震等特別共済金として、1回の事故につき1世帯あたり大型タイプは4.5万円、標準タイプは3万円をお支払いします。ただし契約口数が20口以上の場合に限ります。


風水害等共済金

地震等共済金

以下の事由による損害に対してお支払いします。
(火災共済の住宅災害等共済金と同一です。)
台風、暴風雨、豪雨・長雨、突風・旋風、洪水、雪崩、降雪、降ひょう、高波・高潮
およびこれらによる地すべり、土砂崩れ

お支払い条件

風水害等により損害が生じ、次の1.2いずれかに該当した場合

  • 1.  共済の目的である建物または家財の損害の額が10万円を超える場合。ただし、浸水による損害および建物外部の損壊をともなわない吹き込み、浸み込み、漏水等による損害を除く。
  • 2.  建物が風水害等による床上浸水を被った場合
区分 損害割合 1口あたりの
共済金額
支払限度額
大型タイプ
標準タイプ
大型タイプ
標準タイプ
全壊・流失 損壊率 70%以上 50,000円 3,000万円
半壊 50%以上~70%未満 35,000円 2,100万円
30%~50%未満 25,000円 1,500万円
20%~30%未満 15,000円 900万円
一部壊※ 損害額 100万円超 10,000円 600万円
50万円超100万円以下 5,000円 100万円
20万円超50万円以下 2,000円 50万円
10万円超20万円以下 1,000円 20万円
床上浸水 全床面50%以上 150cm以上 25,000円 1,500万円
100cm~150cm未満 18,000円 1,080万円
70cm~100cm未満 15,000円 900万円
40cm~70cm未満 10,000円 600万円
40cm未満 5,000円 300万円
50%未満 100cm以上 5,000円 300万円
100cm未満 1,500円 90万円
一部壊とは建物または家財それぞれごとに損害額が10万円を超えた損壊をいいます。
損害額は建物・家財ごとに認定します。また、半壊以上の場合は、建物の損害にもとづき損害割合を認定します。

留意事項

  • 1.  申込日以前に発生した風水害等により、申込日の翌日から7日以内の共済期間中に生じた損害に対してはお支払いしません。
  • 2.  支払われる共済金の額は、火災共済から支払われる住宅災害等共済金と合わせて損害額または契約共済金額のいずれか少ない額を限度とします。
  • 3.  支払われる共済金の額は、建物・家財の契約共済金額の割合に応じて割りふって支払われます。
  • 4.  1回の災害で一部壊以上の損壊と床上浸水が同時に発生した場合、共済金のいずれか大きい方のみのお支払いとなります。
  • 5.  建物または共済の目的である家財を収容する建物が風水害等による損壊にあった後、修理を行わないうちに別の風水害等による損壊にあった場合は、これらを一括して損害の認定を行ないます。
  • 6.  物置・納屋・車庫などの付属建物、門・塀・垣などの付属工作物の損害は含まれません。
  • 7.  建物の欠陥および老朽化による「雨もり」は風水害等の区分には含まれません。

その他の共済金

付属建物等特別共済金 大型タイプ

ご契約が大型タイプの場合、共済の目的である建物の付属建物および付属工作物について以下のいずれかに該当したときは付属建物等特別共済金として1回の事故につき1世帯あたり3万円をお支払いします。ただし建物契約口数が20口以上の場合に限ります。

  • 1.  風水害等による損害(申込日以前に発生し、申込日の翌日から7日以内の共済期間中に生じた損害は除きます)が生じ、損害額が10万円を超えるとき
  • 2.  共済期間中に地震等により損害が生じ、損害額が20万円を超えるとき

盗難共済金 大型タイプ 標準タイプ

お支払い条件

  • 所轄警察署に届けを出したうえで、被害内容ごとに以下の条件があります。
  • ●通貨・預貯金証書・持ち出し家財の損害は、家財契約がある場合のみ対象(実損払い)
  • ●預貯金証書の損害は、次の事実があったときに限ります
    • a)  盗難を知った後直ちに預貯金先に被害の届出をしたこと
    • b)  預貯金が引き出されていたこと
被害内容 支払限度額
共済の目的について生じた
盗取、汚損、き損※1
契約共済金額
(火災等共済金額と同額)
通貨(1万円以上) 20万円または家財の契約共済金額のいずれか低い額
預貯金証書 200万円または家財の契約共済金額のいずれか低い額
持ち出し家財※2 100万円または家財の契約共済金額20%のいずれか低い額
1.  汚損、き損による盗難共済金の額は、火災共済の支払対象にもなる場合(損害額5万円以上)には火災共済の所定の共済金と合わせて損害の額または上記支払限度額のいずれか少ない額を限度とします。
2.  持ち出し家財の盗難とは、持ち出し家財が日本国内の他の建物内で、盗難にあうことをいいます。

傷害費用共済金 大型タイプ 標準タイプ

風水害等共済金、地震等共済金、盗難共済金(持ち出し家財を除く)、または火災共済から火災等共済金もしくは住宅災害等共済金が支払われる場合で、その事故を直接の原因として共済の目的である建物または共済の目的である家財を収容する建物で共済契約関係者が傷害を受け、事故の日からその日を含めて180日以内に死亡または「身体障害等級別支払割合表」に規定する身体障害の状態になった場合には、その傷害の程度に応じて傷害費用共済金をお支払いします。
180日以内に症状が固定しない場合はお問い合わせください。


風水雪害等、地震等、盗難および火災等の損害により生じた、
契約者または契約者と生計を一にする親族の死亡および身体障害
1口あたりの共済金は最高1万円で1事故1名につき最高600万円

自然災害共済掛金

1口あたりの掛金
1口あたりの地震等共済金 大型タイプ 最高3万円
標準タイプ 最高2万円
1口あたりの風水害等共済金 大型タイプ 標準タイプ とも
最高5万円
 ※自然災害共済は火災共済と同口数でのご契約となります。

大型タイプ
年払い 木造 145円 耐火 90円
月払い 木造 12.5円 耐火 8円
標準タイプ
年払い 木造 105円 耐火 65円
月払い 木造 9円 耐火 5.5円


特長火災共済の補償について自然災害共済の補償についてご契約例

  • ライフプランシミュレーション
    カンタンな条件入力で必要な保障額がスグにわかります!
  • 掛金お見積り
    各共済の掛金が試算できます。
  • 資料請求
    共済商品のより詳しい資料をご請求いただけます。
  • ご相談・お問い合わせ
    ご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

教職員共済生活協同組合