HOME > 反社会的勢力への対応基本方針

反社会的勢力への対応基本方針

教職員共済生活協同組合は、コンプライアンス行動規範にある「反社会的勢力への毅然とした対応」を鑑み、公共の信頼を維持し、業務の適切性および健全性を確保するため、以下のとおり、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との関係遮断を徹底することを宣言します。

1.組織としての対応

反社会的勢力からの不当要求に対しては、担当者や担当部署だけに任せず、組織全体として対応するとともに、役職員等の安全を確保します。

2.外部専門機関との連携

反社会的勢力による不当要求に備え、平素より、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。

3.取引を含めた一切の関係遮断

反社会的勢力とは、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。また、反社会的勢力による不当要求は拒絶します。

4.有事における民事と刑事の法的対応

反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。

5.裏取引や資金提供の禁止

反社会的勢力による不当要求が、事業活動上の不祥事や役職員の不祥事を理由とする場合であっても、事案を隠ぺいするための裏取引は絶対行いません。また、反社会的勢力への資金提供は、絶対に行いません。


2013年7月1日 教職員共済生活協同組合